4.10 フォルダの設定変更

ストレージ上の各フォルダは、フォルダごとに独立した設定をおこなうことができます。
フォルダの目的に応じて使い分けてください。


まず、設定をおこなう対象フォルダ内に移動します。
そのフォルダ右下の「設定変更」ボタンを押してください。


図 フォルダの設定変更

すると設定の入力欄が出るので、ここから設定値を変えることができます。

「変更」を押せば変更がすぐに反映されます。
「キャンセル」を押せば変更せずに元の設定を保ちます。


図 フォルダの設定入力

各項目の意味を説明します。

並び順

このフォルダ内の、ファイルや子フォルダの表示上の並び順です。
ファイルであるかフォルダであるかは区別されず、それがストレージ内に置かれた順番で並びます。
デフォルトでは「古い順」になっています。

フォルダ内の件数の上限数

このフォルダが収納できるファイルまたはフォルダの全体数の上限を決めて、上限に達した時の
処理方法を決められます。
これはたとえばBiscuitクルーズによる自動アップロードをおこなった場合に、フォルダ内に大量のファイルが
自動的に際限なく増えてゆくことを防止したい時などに効果的です。
件数の数え方でファイルであるかフォルダであるかは区別されず、どちらも1件として数えられます。
デフォルトでは「上限なし」になっています。

1ページあたりの表示件数

フォルダ内の件数が増えてくると、表示が上下に長くなって見ずらくなり、表示時間もかかります。
そのためBiscuitポケットは、ある表示件数を超えたら自動的にページ送りをします。
件数の数え方でファイルであるかフォルダであるかは区別されず、どちらも1件として数えられます。
デフォルトでは「50件」になっています。

フォルダの色

フォルダの外枠の表示色を、フォルダごとに変えられます。
デフォルトでは「#dddddd」(ライトグレー)になっています。


(重要)フォルダが階層構造になっている場合、
親フォルダの設定を子フォルダは自動的には受け継ぎません。
(->注1)

たとえば親フォルダが「上限あり」でも、子フォルダは自動的に「上限あり」にはならず、
子フォルダの設定は、あくまでもその子フォルダに対して独立におこなってください。



(注1) ただし「フォルダの色」だけは、新規作成時に親フォルダの色をデフォルトとして受け継ぎます。

[目次へ戻る] [前へ] [次へ]



(C) copyright 2006 ANCL, Inc. All Rights Reserved