6.6 ファイルの暗号鍵の発行

Biscuitクルーズでファイルの暗号化をおこなうには、まず本人の「暗号鍵」を作成する必要があります。
以下の手順で作成してください。

(注意)もし複数のサーバのBiscuitポケットへアクセスできる場合は、
アクセス先ごとに暗号鍵をそれぞれ発行する必要があります。
ひとつの暗号鍵を流用することはできません。


鍵の発行方法


Biscuitクルーズを起動して、あなたがユーザIDを持つBiscuitポケットのサーバにアクセスします。
ログイン後の左のメニューで、「暗号鍵の作成」というメニューが有効になるので、クリックしてください。


図 鍵の発行画面へのアクセス

下図のような、鍵の発行画面が表示されます。
「実行」ボタンを押してください。


図 鍵の発行ボタン

ボタンを押すと即座に、新規の鍵ペア(公開鍵と秘密鍵)が新規に作成され、
その完了メッセージがでます。

ネットワークの通信状態によっては、画面が切り替わるのに時間がかかる場合があります。
もし時間がかかっていても、「実行」ボタンを押しなおさずに、画面上の表示が変わるまで待ってください。



図 発行完了メッセージ

このとき、発行された鍵ペアのうち公開鍵はサーバのBiscuitポケットにアップロードして保管され、
また秘密鍵はあなたのPC内にファイルとして保存されます。


(重要)発行された秘密鍵の場所と名前は? 


発行された秘密鍵ファイルの保存場所は、Biscuitクルーズのインストールフォルダ内の、「keys」フォルダの中です。

Windowsの場合(デフォルトでインストールした場合)は
 C:\ANCL\BiscuitCruise\keys 

Linux/MacOSXの場合
 [インストールパス]/biscuit_cruise_1_*_*/keys/
 
になります。
保存されたファイル名は、あなた自身が以前設定したプレフィックスと、ログインID、および発行番号を組み合わせたものになります。
(発行番号は鍵の再発行を繰り返すと大きくなってゆきます。
 もし今後、鍵の再発行をくりかえしても、2度と同じ名前にはなりません。)

 例)AnclDemoSite-SampleUser-kDs-00001
 
この秘密鍵ファイルは、あなた本人だけが持つことによって、第3者が暗号ファイルを読めないことが保障されます。
第3者に漏れないように厳重に保管してください。


別のマシンに移動したい場合


もし、別のPCでBiscuitクルーズを使いたい場合は、そのPCの同じ位置に、この秘密鍵のコピーを入れてください。


発行がうまくいかない時は


もし発行がうまくいかない場合は、完了メッセージの代わりに何らかのエラーメッセージが出ます。
そのメッセージを手がかりに、9.2 暗号鍵の発行がうまくゆかない時で問題を解決してください。


[目次へ戻る] [前へ] [次へ]



(C) copyright 2006 ANCL, Inc. All Rights Reserved