6.9 鍵の再発行について

もし、秘密鍵ファイルが他人に漏れた心配がある場合などは、鍵を再発行することができます。
手順は最初の発行時とまったく同じです。

->6.6 ファイルの暗号鍵の発行



鍵を再発行した場合


サーバには新しい公開鍵がアップロードされ、今後はその新しい公開鍵でファイルが暗号化されます。

またあなたのマシン内の「keys」フォルダには新しい秘密鍵ファイルが保存されます。
そして今後はその新しい秘密鍵でファイルが復号化されます。

過去の秘密鍵については、必要がなければ捨ててもかまいませんが、
もしサーバのストレージ上に過去の公開鍵で暗号化されたファイルが残っている場合は、そのファイルを読みたい時に必要になります。
したがって、過去の暗号化ファイルがサーバ上に残っているかぎりは、そのまま「keys」フォルダに残してください。


[目次へ戻る] [前へ] [次へ]



(C) copyright 2006 ANCL, Inc. All Rights Reserved